なべしま幼稚園おひさまハウスの教育目標

園内イメージ

認定こども園として目指す教育・保育の目標と理念

・家庭状況に係わらず、短時間児と長時間児を区別することなく、幼児教育の機会を提供し集団の中で日常生活に必要な基本的な習慣や態度を身に付け、心身ともに健康で明るく誰とでも遊べる子どもの育成に努める。
・地域に開かれた子育ち、子育て支援の拠点として、幼稚園と認可保育施設の一体化に取り組み、0歳から就学前の子どもの成長発達に、連続性を考慮しながら子ども一人一人の発達の特性に応じた教育と保育を行う。


保育方針

1.園と家庭は、子どもの教育について、それぞれ独自の役割を持っていることを理解し、互いに提携して子どもの幸福をはかる。

2.子ども同士の接触を重視し、友愛・協同の社会性の基礎作りにつとめる。

3.幼児の心身の発達状況を良く理解し、その個人差に応じ適切な指導を行い、幼児の能力開発につとめる。

4.恵まれた自然環境に囲まれ、整備された施設と経験豊かな保育士の手により、家庭的な雰囲気の中で基本的生活習慣を身につけ、集団で遊ぶ楽しさを知る。

目指す子どもの姿

1.すなおな心と元気なからだ
(イ)感謝のめばえを育てる
(ロ)よりよい遊びを指導しじょうぶな心身の発達をはかる
(ハ)あかるく、はきはきしたあいさつをする

2.友だちと仲良く遊ぶ
(イ)友だちえらびをしないで、みんなと仲良く遊ぶ
(ロ)友だちと力をあわせ根気よく仕事をする
(ハ)先生やお母さんのお手伝いを喜んでする

3.自分のことは、自分でする子ども
(イ)洗顔、着がえ、食事、用便は自分一人でできるように努める
(ロ)道具のあとかたづけをする
(ハ)自分の物、人のものの区別ができ、物を大切にする